新潟の神社 〜新潟県神道青年協議会ブログ〜

新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

令和元年度 第3回役員会

0

    令和元年5月22日、新潟県神社庁に於いて第3回役員会が行われました。

     

    間近に迫った三県交流会と北陸研修会および北陸20周年記念式典の

    最終的な詰めについて熱い議論を交わしました。

     

     

     

    活動内容 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

    令和元年度 北陸神道青年協議会理事会

    0

      令和元年5月20日、新潟市白山会館に於いて、

      「令和元年度・第1回北陸神道青年協議会理事会」が開催されました。

       

      本年度、北陸地区の当番県は当県であり、

      7月には、地区恒例の北陸地区研修会に併せ、

      「北陸神道青年協議会創立20周年記念式典」も開催いたします。

       

      主管をさせて頂く当会にとって常ならぬ意味を持つ理事会でしたが、

      ご参加を頂きました皆様より強力なお力添えを賜り、

      目の前の目標に邁進していく決意を新たにいたしました。

       

      また、理事会後の懇親会では、

      この大きな事業に北陸地区全体で力を合わせて取り組んでいこうと、

      大きな盛り上がりの中、親睦を深めさせて頂きました。

       

      ご出席を頂きました皆様、大変ありがとうございました。

      本年度、何卒よろしくお願いいたします。

       

      (白山神社正式参拝後の北陸会長の面々と小林・白山神社禰宜)

       

       

      活動内容 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

      NHKドラマで新潟が舞台に

      0

        令和元年5月18日夜9時から放映される

        NHK土曜ドラマ【デジタル・タトゥー】第2話(5月25日放送)において、

        新潟県は魚沼市、八海山周辺が舞台の一つになります。

         

        当神青協役員の村山隆家君の奉務する神社も映り、

        また昨今たびたび話題になっているネットモラルや

        デジタルリテラシーなどがテーマとなっていて大変興味深いです。

         

        新潟県三条市出身の俳優、高橋克実さんが主演を務めるなど、

        なにかと新潟に関わりある作品となっておりますので

        興味を持たれた方は是非ご覧ください!

         

        【デジタル・タトゥー】 公式サイト

        https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/tatoo/

         

        (南魚沼市城内地区の十二神社前の風景)

         

        お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

        新潟県神道青年協議会総会

        0

          令和元年5月9日、新潟県神社庁に於きまして

          新潟県神道青年協議会第69回定例総会が

          開かれました。

           

           

          畠山会長のもと、新体制下での初めての総会でしたが、

          各単位会より22名が参加し、北蒲原の佐々木英寿会員が議長に選任されるなか、

          すべての議案を慎重審議していただき、無事に始動することができました。

           

          これから大きな事業を控える新潟神青、

          一丸となって事にあたっていきたいという思いを新たにしました。

           

           

          なお同日、新潟県神道青年協議会第2回役員会も開かれました。

           

          (白熱する議論の様子)

          活動内容 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

          五頭山山開きの安全祈願祭が新聞に掲載

          0

            令和元年5月8日付の新潟日報に、

            五頭山五ノ峰山頂での山開きに合わせて行われた

            安全祈願祭が掲載されました。

             

            安全祈願祭では、旦飯野(あさいいの)神社の鈴木康寛宮司が

            祝詞を上げて登山者の事故の防止を祈願いたしました。

             

             

            また、新聞記事内で紹介されています御守りですが、

            阿賀野市のイメージキャラクターのごずっちょが描かれた

            旦飯野神社の『ごずっちょ守』です。


             

            御守りの表面にはイメージキャラクターのごずっちょ、

            裏は阿賀野市の象徴の五頭山と旦飯野神社のシンボルの大鳥居と社名が入り、
            登山リュックに付け易いよう紐仕様に、登山の途中で雨に濡れても、

            険しい山に登っても傷まないようビニール製に、

            そして熊避け用に鈴が付いています。
            阿賀野市のシンボルと旦飯野神社のシンボルが互いに協調出来るように、

            共に阿賀野市の繁栄を願えるようにという思いが込められているそうです。
            山開き当日は五頭山に登る皆様に御守りを持って貰えるようにと、

            登山口の受付で頒布さてれいます。

             

            祈願祭当日は、鈴木康寛宮司も他の登山者の方々と共に五頭山に登られるそうです。

            鈴木宮司からは、

             

            「皆様が我が社の御守りをリックにぶら下げて

            登ってくれているのを見ると、元気と勇気が出ます。
            ごずっちょ守りを奉製して良かったと思える瞬間です。
            登山愛好者の皆様が、登山の安全の願いが込められた我が社の御守りを持って、

            色んな山々に登って貰う事を想うと、神主冥利に尽きます。」

             

            というコメントをいただいております。

             

            こちらの『ごずっちょ守』は旦飯野神社の御社頭でも

            初穂料500円で頒布されています。

            様々な思いが込められて奉製されたこの御守り、御参拝の際はぜひお受けください。

             

             

            お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |