新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
 
<< 神社に参拝するときはどのような作法をしたらいいですか? | main | 神棚はどのようなところに祀ればよいでしょうか? >>
玉串を捧げる時の作法について

玉串(たまぐし)とは神事において参拝者や神職が神前に捧げる、紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけた榊の枝をいいます。地方によっては杉、樅、樫の枝などを用いることもあります。

そして玉串を神前に捧げて拝礼することを玉串奉奠(たまぐしほうでん)といいます


玉串を神職より受ける時は、小揖(軽く会釈)し、枝の本を右手で上から、末を左手で下から支え拝する位置の3歩前で小揖、3歩進んで深揖、玉串を案の上に供えます。

作法は、葉先を前方に向け、左手を下げて本を持ち、右手を離し、葉先を右に回しながら右手で玉串の裏から持ち、左手を添え、本を神前に向けて置き、続いて二拝二拍手一拝します。下の動画で確認してみてください。





【2009.09.18 Friday 20:48】 author : 新潟県神道青年協議会
| 神社Q&A | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://niigata-jinja.jugem.jp/trackback/20
トラックバック