新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
 
<< 復興の様子6 | main | 天皇陛下御即位二十年新潟県奉祝祭典 >>
七五三について教えてください
きらきら七五三について教えてください

千歳飴  
 この時期になると神社や写真館では、ハートかわいいハート晴れ着の子どもたちをよく見かけますおはな

 七五三参りは、11月15日神社に参詣し、”キラキラ神様に今まで無事に過ごしてきたことに感謝し、今後も健やかに成長することキラキラ”を祈るお願いものです。
 この行事は古くより、子供の成長を社会的に認知するためにおこなわれてきた通過儀礼が起源で矢印
 heart三歳 髪置(かみおき) 男女共 … 頭髪を伸ばし始めること
 heart五歳 袴着(はかまぎ) 男子  … 初めて袴を着用すること
 heart七歳 帯解(おびとき)  女子  … 幼児用の紐を解き、大人と同じ帯を用いること
                                          を表しています。
 7・5・3という歳の数については、縁起のよい陽数であることに結びついたものだそうで、また11月15日の日取りについては、天和元年(1681)のこの日に、五代将軍徳川綱吉の子息徳松の髪置祝いがおこなわれたことを前例にするとも伝えられ、暦学の上でも吉日に当るそうです。
 神社への参詣は江戸時代にもおこなわれましたが、明治以降はさらに盛んにおこなわれました。これは子供が七歳のお祝いで氏神様に参詣したとき、神社から氏子札が渡され、正式に氏子の仲間入りができるようになったことからです。よく「七つまでは神の子」といいますが、この時から一人前の人格として扱われるようになったのです。
 江戸時代中頃から商業の発達による影響もあり、都市部において現在のような華やかな風習となりました。

 きらきら親が子供の成長を願う気持ちきらきらこれからも大切にしていきたい七五三ですねちゅん
【2009.10.08 Thursday 17:08】 author : 新潟県神道青年協議会
| 神社Q&A | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://niigata-jinja.jugem.jp/trackback/43
トラックバック