新潟の神社

新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天皇陛下御即位二十年新潟県奉祝祭典 | main | 神社の名称について >>

狛犬と眷族

0

     神社の参道の両側には、狛犬が一対置かれている。本来は建物に尻を向け正面を睨んで侵入者を威圧・排除していたが、参道を挟んで向かい合うものもある。狛犬は魔除けの役割を担っており、邪なものの侵入を防ぐために置かれている。
     
     狛犬の原形は、オリエントのライオン像である。これがシルクロードを経て中国に渡ると、彼方からやって来た「魔除けの霊獣」とされた。中国に渡ったライオンは、ほどなく朝鮮へわたって高麗犬となり、日本に渡来した。
     
     日本では異形の犬ということから、「狛犬」と呼ばれ、神社の参道の両側に置かれることになったのである。
     
     さらに狛犬は仏教の影響を受け、口が開いたもの(阿)、閉じたもの(吽)といった二対の差別化が生まれた。
     
     「魔除けの霊獣」狛犬同様、神社には稲荷の狐など、一対の動物を見かけることが多い。これらは神の使いとされ「眷属」と称される。熊野大社のカラス、日吉大社のサル、天満宮のウシ、八幡宮のハト、春日大社のシカ、松尾大社のカメ、愛宕神社のイノシシ、三峯神社のオオカミなどが眷属としてよく知られる。

    神社Q&A | permalink | comments(1) | trackbacks(0) |
    この記事のトラックバックURL
    http://niigata-jinja.jugem.jp/trackback/45
    この記事に対するトラックバック