新潟の神社

新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 狛犬と眷族 | main | お賽銭について >>

神社の名称について

0
    お近くの氏神様や誰でも知っている大きなお社でもいいですが、神社の名称について○○神社や○○宮、○○社などがあります。しかしそれだけではなく○○神宮とか○○大社など名称もいろいろあります。これら神社、神宮、宮、社、大社などを社号といいますが、これについて説明したいと思います。


    その前にまず知っていただきたいのですが、単に「神宮」という場合、これは伊勢神宮のことを指します。むしろ「神宮」が正式名称で、伊勢の神宮ですから伊勢神宮と単に呼ばれているに過ぎません。

    神宮とは
    神宮とは、皇祖(皇室の祖先神)や皇室に深く係わるものや天皇をお祀りしている特定の神社の社号です。
     例) 明治神宮(御祭神 明治天皇)、香取神宮(経津主命)、鹿島神宮(武甕槌命)、熱田神宮(草薙剣)、北海道神宮(御祭神 明治天皇)、平安神宮(桓武天皇)など

    神社とは
    これに対し「神社」とは、その略称である「社」は一般の神社に対する社号として使われます。

    宮とは
    「宮」は現在では広く一般に使われていますが、もともとは天皇や皇族をお祀りしている、あるいは古くから由緒がある神社に対する社号です。

    大社とは
    もともと大社とは出雲大社を指す社号でしたが、現在ではもう少し広く使われ同名、同一の御祭神が多い場合にその根本である神社の社号として使われています。
    例) 伏見稲荷大社、多賀大社、住吉大社、松尾大社、日吉大社、春日大社など

    この他社号とは異なりますが、「大明神」や「明神」(御神威が明らかな神様の意)など社号のように使われる例もうあります。
    神社Q&A | permalink | comments(1) | trackbacks(0) |
    この記事のトラックバックURL
    http://niigata-jinja.jugem.jp/trackback/46
    この記事に対するトラックバック