新潟の神社

新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 神社の名称について | main | 新嘗祭について教えてください >>

お賽銭について

0
     お賽銭は、もとは祈願成就のお礼参りの際に、「奉賽」として神仏に奉った金銭のことを言いました。それが転じて、しだいに参拝のときに奉る「幣帛」(神に奉献するもので、原義は衣料を指した)の代わりとしての金銭を意味するようになっていった。要するに、お賽銭とは供え物の一種なのである。

     お賽銭に関して、古くは稲米を奉納したことが多く、「お初穂料」とも呼ばれる。

     実際、金銭が流通する以前は、参拝者は米を神前に撒いたり、洗米を紙に包んで奉っていた。今でもその名残として、米の代わりに金銭を紙に包んで賽銭箱に入れる人もいるが、これは金銭を不浄として扱っているわけではない。

     また、お賽銭を投げ入れることは、自分の罪穢れや災厄を託して祓い除いてほしいという意味も込められている。


     賽銭箱の上にはよくが吊るされている。これには長い緒が付いていて、拝礼するときにはその緒を引いて鈴を鳴らすが、こうするようになった由来については、一説によると古来から鈴には魔除の霊力があるとされ、それが転じて、神事のときに鈴を鳴らすようになったという。鈴の音に込められた神霊の力で自分の罪穢れを祓い清める。「鈴祓え」とも呼ぶのはそのためである。

     また、巫女が神楽舞を舞うときに、手に持って鳴らす神楽鈴の音には神を招来する役割があったとされる。

     つまり、神前で鳴らす鈴も、この神楽鈴に由来しており、拝礼にあたって、鈴の清らかな音色で、これから祈願を申し上げますという、一種の合図のような役割をも果たしているのである。
    神社Q&A | permalink | comments(1) | trackbacks(0) |
    この記事のトラックバックURL
    http://niigata-jinja.jugem.jp/trackback/47
    この記事に対するトラックバック