新潟の神社

新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お賽銭について | main | 通過儀礼(人生儀礼)について >>

新嘗祭について教えてください

0
      毎年11月23日には、天皇陛下がその年の新穀を神々に御親供なされる新嘗祭が、宮中・神嘉殿(しんかでん)においておこなわれています。
     古くは干支によっていたため、日が定まっておらず、11月の下の卯の日、三卯まであれば中の卯の日を選んで祭りがおこなわれました。これが明治6年の新暦採用から、毎年11月23日となり、同年の太政官布告( だじょうかんふこく)で紀元節や天長節と共に定められました。
     戦後、この日は「勤労感謝の日」と改称され、勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日として国民の祝日となりましたが、単なる勤労や生産に対する感謝の日と意味が違うことは、その起源からも明らかなことです。
     新嘗祭のl起源については、『日本書紀』神代巻で天照大御神が「吾が高天原にきこしめす斎庭の稲穂(ゆにわのいなほ)を以って、また吾が児(みこ)にまかせまつるべし」と仰せになり、皇御孫命(すめみまのみこと)の降臨に際して、斎庭の稲穂をお授けになったことに遡ることができます。
     高天原で育てられていた穀物の種が、皇御孫命により初めて葦原中津国(あしはらのなかつくに・日本)でも栽培され、これが我が国における農業の事始めとなりました。
     この御神恩に対する感謝の祭りとして、天皇陛下(皇御孫命)御自ら、五穀豊穣を神々に奉告されるのが新嘗祭であり、これに倣って全国の神社においても新嘗祭が執りおこなわれているのです。

             『 神道いろは ‐神社とまつりの基礎知識‐ 』 神社新報社発行 より引用
    神社Q&A | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://niigata-jinja.jugem.jp/trackback/48
    この記事に対するトラックバック