新潟の神社

新潟県の神社や神道に関する様々な情報を紹介するウェブログです。
新潟県の若手神職の会<新潟県神道青年協議会>が運営しています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新嘗祭について教えてください | main | 天皇陛下御即位20周年をお祝いする国民祭典 >>

通過儀礼(人生儀礼)について

0
      お宮参りや、七五三、還暦など人の成長に応じて行われる儀礼の多くは、神道の習俗としての性格をもっている。

    ●子どもの誕生と成長を祝う儀式
     
    人は人生の節目ごとにこれまでの無事を感謝し、これからの人生もつつがなく過ごせるようにと神に祈る。こうした年齢などの変化にともなう儀礼が通過儀礼人生儀礼と呼ばれているものである。
      まずはじめに行われるのが懐妊5か月目の戌の日に行う着帯の祝い(帯祝い)である。誕生後7日目には命名式のお七夜、次いで産土神に対する氏子入りのあいさつとされる初宮詣、はじめてご飯を食べさせるお喰初め(箸はじめ)と、誕生にかかわる一連の儀礼が続く。いずれもこれまでの無事を感謝し、これからの成長を祈願する儀式である。
      初宮詣はヒアケ、ウブアケなどとも呼ばれ、この忌明けを意味する。男児は32日目、女児は33日目とするところが多いが地方で異なる。
      さらに数え年(近年は満年齢も多い)3歳、5歳、7歳の11月15日には、氏神に参詣して無事の成長を祈る七五三の祝いを行う(男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳)。そして20歳になったら無事に大人の仲間入りができたことを神に奉告する成人式が行われる。

    ●厄年と年祝い
     
    成人後は一定の年齢に達すると厄年の祈祷を受けたり、年祝いが行われる。厄年は男女で年齢が異なる。とりわけ男子の42歳、女性の33歳はそれぞれ「死に」「散々」に通じるという語呂合わせから、災難や病気が身に降りかかりやすい大厄と信じられている。前厄、本厄、後厄には神社に参詣し、厄払いを受ける人が多い。
      年祝いは還暦(61歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、米寿(88歳)がよく知られており、近親者から祝福を受ける。
    神社Q&A | permalink | comments(1) | trackbacks(0) |
    この記事のトラックバックURL
    http://niigata-jinja.jugem.jp/trackback/49
    この記事に対するトラックバック